Interview佐藤慎吾さん

  • 工場技術
  • 2015年入社
佐藤慎吾さん 近影

現在のお仕事内容

横浜事業所技術課は2つのチームに分かれており、インクの内袋や半導体関連袋等を扱う電子OAチームとシャンプー等の詰め替え用パウチを扱うフローパックチームがあります。私はフローパックの製品群を担当しており、試作評価や製品の工程設計等、安定した製品生産を実現するための業務を担っています。具体的には、トイレタリー分野の詰め替え用パウチに携わっています。業務内容としては顧客のニーズに合う製品開発や質の高い製品を効率的に安く生産できるよう、試作評価を重ね、製品化していく仕事です。

仕事のやりがい

既存製品の改良が主な作業となりますが、新規製品の開発を担うこともあります。新製品開発では、生産の途中で様々な問題が発生します。課題を見つけ解決した結果、安定的な生産できたときは、大きな達成感を感じます。また、携わった製品が街で流通しているのを見かけると、一層のやりがいを感じます。

入社を決めた理由

藤森工業の包装材は、製品の使い心地を良くしたり、製品を守ったり、製品に対して付加価値を付けるものだと感じています。一見、ただの袋ですが、様々な付加価値が袋によってつけられております。その付加価値は製品になくてはならないもので、様々な製品に外側から付加価値を付ける事が出来る事が面白そうだなと感じ、入社を決意しました。

藤森工業の好きなところ

とにかく「人が温かい」ところが好きです。どの部署でも優しい人が多く、困った事があれば、すぐにフォローしてくれる環境があります。また、休みも取りやすい環境であり、有給休暇を使って海外旅行に行ったりもできます。私は昔バックパッカーで海外を旅していた為、長期休暇を取って旅行に行ける事は嬉しいです。

学生さんへメッセージ

「自分が将来どうなりたいか」という事について、就職活動を機に考えてみるといいと思います。選択した会社は残りの人生の大半を過ごすことになる為、「その会社で自分が何を学べて、どう成長できるのか」という事を考えて、自分に合う会社を見つけて欲しいと思います。その結果、藤森工業を選んでもらえたら嬉しいです。