Interview澁谷大輔さん

  • 品質保証課
  • 2009年入社
澁谷大輔さん 近影

現在のお仕事内容

品質保証課には大きく分けて「品質管理」と「品質保証」の2つのセクションがあります。品質管理は、製品がお客様の希望する規格を満たしているかどうかを検査し品質を確認する仕事で、品質保証は、工場全体の品質に関する仕組みづくりや不良品を出さないためのルールづくりを行っています。私は品質保証のセクションを担当しており、日々の活動の中で各部署にて発生した問題に対して、必要な処置が行われているか評価し、不十分な場合は各部署と一緒に解決までの方法を検討していきます。また、お客様からの品質に関する質問や要望を受けた際の事業所の窓口として、営業と事業所の各部署との橋渡しを行っています。

仕事のやりがい

どの部署も同様ですが、私の仕事は様々な部署と関わっていく仕事なのです。各関係部署と上手く連携を取り、早期に問題の改善ができた時が一番うれしい瞬間です。以前、お客様から製品である「袋をもっと滑りやすくしてほしい」という要望を受けたことがありました。その原因を究明するためにまずは研究所と原因の調査を行いました。その後、季節要因なども考慮し、技術課や営業と検討を重ね、材料フィルムを見直しすることで改善に成功しました。お客様から「滑りやすくなった」という評価をいただけた際は、大きな達成感を感じました。

入社を決めた理由

実は高校の同級生が藤森工業で働いており、その友人の薦めもあって入社を決めました。入社前に会社の様子を聞いてみると「人が良く、働きやすい会社」「チャレンジ精神の豊富な会社」という話を聞いて、自分の働きたい会社の希望と合っていると感じました。入社後に分かったことですが、藤森工業は新しい色々な分野に積極的に進出して挑戦を続けており、挑戦する人を応援するような社風であると感じました。

藤森工業の好きなところ

創業100年を超える歴史のある会社ですが、常に新しいことにチャレンジしていく社風が魅力です。また、社員とその家族を大切に考えてくれる会社でもあります。10年勤続ごとにリフレッシュ休暇を取得することができる規則があり、私は家族で函館旅行を楽しむことができました。

学生さんへメッセージ

私は大学の学部は物理学科で、大学院は分子生物学の研究室に所属して藤森工業に就職しました。学んできた勉強を活かす就職も良いと思いますが、全く違う業種の会社を見てみるのも面白いと思います。自分の好きなものを作っているメーカーなど、自分の価値観を再認識することで、会社を見る目が変わったりします。あまり自分のキャリアに固定観念を持たず、こんな時じゃないと覗けない興味ある会社に行ってみると面白いと思います。