人材

当社は価値創出を通じて持続的に社会に貢献していくため、多様な人材が集い育つ組織作りを目指します。会社と従業員が互いに活かしあう関係を構築し、ともに成長していく文化を創っていきます。 

ダイバーシティ&インクルージョンの推進

藤森工業ではグローバルに事業展開を進めており、次の世代に誇れる未来を創出し、成長を続けるためには、多様な人材の活躍が不可欠だと考えています。 

女性・外国人・中途採用者の管理職登用等の中核人材における多様性の確保や、多様なキャリアパス・働き方を促すために、キャリア意識醸成を目的とした女性社員向けの研修や、多様な人材を活かすマインドとノウハウを学ぶ管理者研修等で、従業員それぞれの特性や能力を最大限活かし、いきいきと働く事のできる職場環境の整備を進めています。 

また、多様な人材の採用に向けて、新卒採用、キャリア採用、障がい者採用を積極的に行っており、国籍・出身地・宗教・年齢・性別・性的指向・性自認・障がいの有無等での選考は致しません。 

人材の育成

藤森工業では、従業員の自ら学ぶ姿勢や意欲を尊重し、実践の中で学ぶ事を重視しているため、現場実習やOJT制度による育成を行っています。 

早期のマネジメント任用や、オペレーション現場の多能工化、契約社員の正社員への登用等を通じて、従業員に多様な業務経験の場を提供し、加えて、個々のスキルアップのため、目的別・階層別研修や選抜型のリーダーシップ育成研修を実施する事で、グローバルで活躍できる優秀な人材の育成を推進致します。 

充実したライフワークの実現

従業員一人ひとりが能力を最大限に発揮し、活躍するためには、健康で充実したワークインライフの実現が重要です。 

藤森工業では、すべての従業員が安心していきいきと働けるように、心身の健康チェックと休暇制度によるリフレッシュ促進や、ライフイベントに合わせて柔軟な働き方のできる環境づくりを進めています。