Interview土居奈苗さん

  • 企画
  • 2017年入社
土居奈苗さん 近影

現在のお仕事内容

社長室の仕事は、経営方針の提案と浸透や、経営トップの意思決定といった経営的にインパクトの大きな課題に対して、社内に足りない仕組みや環境を提案することです。その中でも、今は主にブランディング・広報機能の強化プロジェクトに携わっています。社会への責任と貢献をより明確に、力強く発信できる会社になろうという社長の強い想いを実現することが私の仕事です。

仕事のやりがい

社員とのコミュニケーションを通して、その人の中の「藤森工業らしさ」を見つけられた瞬間です。相手の言葉に誠実に耳を傾け、共感・協力し合える関係を築いていくと、その人の「藤森工業らしいなぁ」と思う言動が見えることがあります。その気付きを積み重ねて、社会に発信していきたい藤森工業の魅力として再発見できることがブランディング・広報の魅力でもあると思います。

入社を決めた理由

私は会社を探すにあたって、2つの条件を定めました。1つ目は「100年以上続いている会社」。長く存続しているということは、社会変化に適応できるだけの体力と柔軟性があるとの考えからです。2つ目は「特許が多い会社」です。特許の数が多いほど技術力、開発力に優れ、アイデアを育てる環境が揃っていると考え、一つの指標にしていました。入社を希望したのは、藤森工業がこれらの条件にぴったり当てはまっていたためです。

藤森工業の好きなところ

苦労や手間を惜しまず、同僚にもお客様にも誠心誠意向き合うところです。人のために一生懸命になれる人、誰かのために行動できる人が集まっています。困ったときは誰かに相談しようと思えることは、日々働くうえでの安心感につながっています。

学生さんへメッセージ

当社の社長は、常に社員とのコミュニケーションを欠かさない人です。時間があればフロアに赴き、色んな方に自分から話しかけて回っています。そんな雰囲気が社内全体にも広がる、役職や年齢関係なく、誰とでもフランクに話せる風通しの良い会社です。オープンに、仲間意識を持って働きたいという方にはぜひ藤森工業をお勧めしたいです。